マーキング用白背景

うなじ脱毛3大メリット!

うなじを見せる女性

 

髪型にもよりますが、人によっては一年中見られることも多いうなじだけに、すっきり脱毛することのメリットは大。では具体的にどんないいことがあるのかまとめてみました。

 

断念してたアップスタイルも!

シーンに合わせて、ファッションのひとつとしてヘアスタイルを選んでいる女性も多いですよね。その中でも、ついつい悩みがちなのはアップスタイルではないでしょうか。

 

可愛くポップな仕上がりイメージを想像しつつ、イマイチ自分では見えない後ろ姿が気になってしまいがちです。また、「うなじのラインが艶っぽい」なんて言葉も聞きますから、艶っぽくありたいのですが、実際どうなっているのか気になりますよね。

 

うなじや襟足、肩回りなど大丈夫かな?なんて合わせ鏡で何度もチェック!よくよく見れば、せっかく綺麗にまとまったはずなのに、うなじのムダ毛が台無しにして・・・。結局アップスタイルを断念してしまうなんてパターン、きっとあるはずです。

 

自分でシェービングもよいですが、見えにくい部分なので、合わせ鏡でチェックをしながら、なかなか綺麗に維持しておくのは難しいものです。

 

うなじ脱毛をすることによって、ムダ毛がなく綺麗なラインを維持することができます。

 

あれ、肌が明るくなった?

うなじ脱毛をすることによって、産毛が綺麗に処理されます。この産毛が、肌の明るみを落としてしまう原因となっているのです。

 

そのため、うなじ脱毛をすることによって、くすみが取れて、肌の色がワントーンUPします。保湿ケアをすれば、毛穴の奥にまで保湿成分が浸透しますので、今まで以上に綺麗な肌をつくることができます。

 

アップスタイルで覗くうなじがツヤツヤしているって、憧れですよね。ムダ毛、遅れ毛、産毛で、肌にあたる光の反射具合も変わるとのことです。しっかりとうなじ脱毛をした後の肌は、光が均一に反射しますのでツヤが綺麗に見えるんですよ。

 

首回りが綺麗だと、年齢が一層若く見えるというデータもあります。うなじを見て「後ろ美人」なんて言葉も聞きますよね。

 

アップスタイルが好きな方や、着物や浴衣などの和装をする場合には、特にうなじを気にしてみてくださいね。うなじ脱毛も一度きちんと完了すれば、その後からは気にすることなく普段のお手入れだけで十分維持できます。

 

着物に浴衣・・・しっとり和装

和装には、しっとりまとまったアップスタイルですよね。かんざしや櫛が一段と艶っぽさを感じさせてくれるものです。

 

綺麗にまとまったヘアスタイルから、どうしても人の視線は直線的に落ちていくのです。かんざしや櫛を見て、素敵だなぁと思った人の目は、その後うなじや肩回りを通過していくのです。そして、着物や浴衣の柄や着こなしなどを見るものです。

 

そういった意味でも、うなじが綺麗に手入れされているかどうか、というのは重要ポイントであると言えますね。

 

うなじの部分って、どうしてもシェービングをして整えておくには面倒なんですよね。さーっとは出来ないし、時間を確保して、合わせ鏡などを利用して形を整えながら剃っていくしかないのです。

 

なので、うなじ脱毛は魅力的です。一度完了させれば、その後は通常の肌ケアをするだけで十分に綺麗な状態を維持できます。

 

特に和装の好きな方や、夏には浴衣を着る!という方には、うなじ脱毛はおすすめです。

うなじはそもそも自分で処理しにくい

無理アピールする女性

 

アップスタイルなどにすると、どうしても気になってしまうのが、ボサボサしているうなじの産毛や遅れ毛などのムダ毛です。

 

「艶っぽいうなじ」や「後ろ美人」なんて言葉があるように、うなじの部分がしなやかに綺麗だといいなぁと憧れている女性も多いですよね。

 

しかし、意外とうなじのムダ毛を自己処理するのって難しいものです。何しろ、裏側なので自分で見えないですからね。しっかりと時間を確保して、合わせ鏡で落ち着いて剃るということをしなくてはいけません。

 

また、電動シェイバーやカミソリを使うにしても、逆手で使わなくてはいけないのですから、これまた難しいものです。さらには、綺麗に見えるように形を整えなくてはいけないので、かなり難易度の高い自己処理であると言えますね。 

 

そもそも、どのような形に整えるのが綺麗に見えるのか、ということからして難題です。髪の毛の襟足部分や産毛、遅れ毛って本当に個人個人でさまざまです。

 

一体、どんな風にすればよいのか、合わせ鏡でじっと見たところで、分からない!という人も多いはずです。

 

うなじは、やっぱりプロにおまかせするのがおすすめですね。うなじ脱毛の施術者は、やはりプロです。その人にとって、どのような脱毛をすると綺麗に見えるか、まずはそこに焦点をおいて提案してくれるはずです。

 

気になっている方は、一度体験などに行ってみるとよいかもしれません。

 

傷や毛穴トラブルが起きると目立つ

うなじのムダ毛の自己処理をしようとして、傷をつけてしまった経験がある人も多いはずです。逆手に持って、尚且つ合わせ鏡で自分の後ろ姿を見てって、なかなか難しいものです。

 

皮膚が薄いことも原因ですが、どうしてもトラブルになりがちな部位です。せっかく綺麗にしようと思ってのシェービングが、傷をつけてしまったら、逆に治るまでアップスタイルなどができなくなってしまいますね。

 

また、うなじを含めた首筋は皮脂線が活発なためにニキビや黒ずみができやすい部位でもあります。そして汗などもかきやすい部位なので、どうしても毛穴が開きやすくなっている部位でもあるのです。

 

しっかりと身体を洗う時にゴシゴシと洗っているつもりでも、どうしても皮脂が詰まりやすい傾向があります。

 

そういった意味でも、肌トラブルの起きやすい部位であり、露出しているうなじは他人からは自然と目につきやすいので、目立ちやすくなってしまいます。

 

うなじ脱毛をすると、脱毛をすることによって毛穴が少しずつ小さくなって引き締まってきます。また、産毛などがなくなることによって、皮脂や汚れなどがしっかりと落ちやすくもなります。

 

うなじは脱毛をすることによって、くすみもなくなり、毛穴も引き締まり、綺麗になった!と実感する声がとても多い部位です。

 

自分での手入れが難しいので結局そのままの状態になっている人も多いはずです。

 

特にうなじの毛穴や黒ずみが気になるなぁと思い当たる場合には、自己処理をするよりもうなじ脱毛を検討した方が綺麗になるための近道かもしれません。

じゃあ何回くらいで脱毛できるの?

カレンダーと手帳

 

うなじ脱毛は、狭い範囲ではありますが産毛を多く含む部位でもあるため、少し回数はかかります。

 

光脱毛の場合は、医療レーザーに比べると出力が低く設定されているため、おおよそ8回以上が望ましくなっています。

 

腕や足などの部位では3回程度の脱毛施術を行うと、かなり脱毛効果を感じることができますが、うなじ脱毛に関しては5-6回程度の脱毛施術で効果を実感できるようになってきます。

 

もちろん個人差がありますので、施術を行いながら回数や期間の調整を行う場合が多いです。

 

光脱毛の場合は、あまり痛みを感じないというが特徴です。美容成分をたっぷり含んだジェルを使いながら、しっかり保湿をして光を照射していきますので、痛みが軽減されるという面もあります。

 

うなじ脱毛については、効果を実感するまでに時間と回数がかかりますので、体験や事前カウンセリングをしっかりと受けて、通いやすいサロンを選択することも大事ですね。

 

レーザー脱毛なら4回以上が望ましい

うなじ脱毛について、短期間でなるべく終わらせたい、目標設定期間があるなどの場合は、レーザー脱毛をおすすめします。

 

レーザー脱毛であれば、光脱毛よりは効果が早く実感できます。4回以上の施術が望ましいとされています。

 

光脱毛に比べると、脱毛部位に照射するレーザーの出力が高く設定されていますので、施術1回あたりの効果が高くなっています。また、医療レーザーでは、サロンなどに導入されている機器よりも細やかな設定に対応しています。

 

そのため、肌トラブルを抱えている人や、肌の弱い人でも脱毛が可能になります。

 

うなじ脱毛については、皮膚が薄く痛みを感じやすい部位でもありますので、医師が行う医療レーザーの方が確実・安心という声もあります。

 

産毛の多い部分でもあるのでレーザーの調整をしてもらいながら、より効果的に脱毛ができるというメリットもあります。

 

ただし、やはり医療レーザーでも出力を弱めると、必然的に脱毛効果実感までの施術回数は増えていきますので、注意してください。

 

回数無制限のプランを選ぶのも手

うなじ脱毛については、回数無制限プランを提示しているサロンも多いです。脱毛効果というのは、人によって個人差がありますし、満足できる状態というのにも個人差があるものです。

 

特にうなじについては、後ろ姿を美しく見せるための部位でもありますね。なので、せっかくお金をかけて脱毛するのであれば、満足の行く効果を得たいものです。

 

産毛などが多い部位のため、永久脱毛の状態を目指すようであれば、回数制限が厳しい場合も多々あります。また、施術を受けた際に痛みがあるようであれば照射の出力を落としてくれます。

 

が、その分効果は減ってしまうので、必然的に回数が増えるという結果に繋がります。

 

あと何回で綺麗になるのかなぁ?などと思いながら追加施術を受けるよりも、最初から綺麗になるまで何回でも通うと決めてしまって、回数無制限での契約をしてしまった方が気が楽な面もあります。

 

体験や事前カウンセリングなどを受けた際に、費用や自分の設定目標などを含めて相談してみましょう。

でも気になるのが施術時の痛み・・・

何かを気にする女性

 

うなじの脱毛施術は痛いとの声があります。皮膚がとても薄く、神経が集まっているために過敏であると言えます。

 

痛みは個人差がある

痛みについては、輪ゴムをパチンとはじく程度という目安はありますが、腕や足に比べると痛いと感じる場合が多いようです。そもそも痛みというのは、個人差の大きなものになりますので、あまり痛くない!という人もいますし、かなり我慢してます!という人もいます。

 

事前カウンセリング等での説明があるはずですが、痛い!と感じるようであれば、施術者に申し出ると対応してくれます。光やレーザーの出力についての強弱ができますので、若干効果は薄れてはきますが、出力を弱めてもらうことによって痛みの軽減ができます。

 

いずれにしても、1回で施術が終わるわけではないですし、実際に効果の度合いというのも個人差が出てくるものですので、痛みについては軽減してもらって、期間をおいて施術を繰り返しながら完全脱毛効果を得る方がよいでしょう。

 

うなじ脱毛については、皮膚が薄いということからも、乾燥しやすい部位でもあります。乾燥や肌荒れは施術時の痛み増長の原因にもなります。

 

脱毛施術までしっかりと保湿等のスキンケアを欠かさず、直前にもクリームなどのケアをすることは大事です。

 

痛みの少なさならSHR脱毛がおすすめ

うなじ脱毛でのおすすめは、SHR脱毛という施術法です。とても痛みがないと評判の高い、最新の脱毛施術になっています。痛みとしては感じず、多少の暖かさを感じる程度という人が多いです。

 

毛根を包む組織である「毛包」をターゲットにし、毛包全体を蓄熱させて破壊、脱毛効果を得ます。広範囲に弱いエネルギーの連続照射で十分に脱毛の効果があるので、刺激を最大限に抑えることができます。

 

従来の脱毛方法の場合、メラニン色素に反応をする光を利用していましたので、日焼けやホクロ・シミなどがNG対象でしたが、SHR脱毛についてはOKの範囲となっています。

 

また、毛周期に関わらず施術可能になった技術ですので、1ヶ月間隔で施術ができますし、成長期以外の毛に対しても効果があります。

 

うなじについては、毛周期が長く、他の部位に比べると脱毛サイクルが長くなりがちだった部位なので、SHR脱毛はうなじ脱毛には最適です。何より、痛みを感じやすい敏感な部位であるうなじ脱毛には、大歓迎の脱毛施術法であると言えるでしょう。

 

施術時には、美肌成分配合のジェルを使用してくれますので、脱毛後の肌にしっかり奥まで浸透させてくれます。

 

脱毛後の肌は、産毛によるくすみも取れ、成分をしっかりと吸収してくれますので、いつも通りのスキンケアを続けることによって、ツヤツヤしたうなじが実現できるはずです。

 

うなじ脱毛を痛みが強いということで悩んでいる人も多いはずです。SHR脱毛は、とにかく痛みが少ないことで評判ですので、体験などで検討してみるとよいですね。

通い中は日焼けを全力で防ぐべし

日傘をさす女性

 

夏だけでなくて、最近では年間を通して日焼け止めや日焼け止め効果のあるファンデーションなどを利用している女性も多くなっています。

 

日焼けをしすぎると、後々のシミやソバカスの原因ということが分かっていますので、最近では気を付けているという女性も多いでしょう。

 

しかし、自分の目で見える部分以外は、けっこう無防備になってしまっていることってありませんか?

 

たとえばうなじなど、髪の毛で隠れている場合はよいですが、アップスタイルにした場合などは日焼け止めなどの塗り忘れのないよう気をつけましょう。

 

一度アップにしてしまうと、うなじが露出しているということを忘れてしまいがちです。そして、太陽を背に向けていて日に焼けていることなどを意外と気付かない部位でもあります。

 

昨今では日差しが弱い季節でも、昨今は紫外線がとても強いので、少しずつ日に焼けてしまっていることに気付かない場合が多くなっています。

 

日焼けすると施術ダメ!の場合も

 

うなじ脱毛をしようと思った際に、意外と強く日に焼けてしまっていて、脱毛施術ができないというパターンもあります。脱毛施術はメラニン色素に反応をする光を照射する機器を使いますので、要注意です。

 

もしも日常的にアップスタイルをしていたり、ショートヘアにしていたりするようであれば、夏を前後した季節のうなじ脱毛は避けたいところですね。

 

日差しが少し落ち着くと、強く焼けてしまった肌も少しは色が落ち着いてきますので、そのあたりからスタートするとよいです。

 

うなじの日焼けを防げるアイテムは

うなじの日焼けを防ぐためには、まずは日焼け止めクリームを普段から塗るということを心がけましょう。

 

何しろ、最近の紫外線はとても強いので、日差しの弱い季節でも気付けば露出している部分が少しずつ日焼けしてしまっています。

 

うなじに日焼け止めクリームを塗る時には、顔を下にむけて、塗りムラのないように気をつけてください。また、意外とうなじは汗をかいてしまう部位でもあるので、特に夏などの暑い日にはこまめに塗り直すようにしください。

 

また、日なたにいる時には日傘を差すとよいですね。最近では、UV晴雨兼用という小さな折りたたみ傘が売っていますので、バッグに入れておくことをおすすめします。

 

見逃しがちなのは、日傘だけではアスファストからの照り返しの紫外線は防げないとのことです。特に紫外線の強い日には、日焼け止めと合わせて使うようにしましょう。

 

もうひとつは、ストールなどのアイテムです。夏場の薄いストールなども主流になってきましたね。風通しもよく、適度に汗も吸ってくれるという素材の商品をよく見かけます。首元はなるべく乾燥をさせないように保護をしておくというのも大事です。

 

年齢は首元に出る、とも言われますので、綺麗な首回りを維持することによって若く見える効果も高まります。合わせて、大きめの帽子を被ると顔も首もうなじも日焼け対策になります。

 

うなじ脱毛を検討中の場合も、既にうなじ脱毛をしている人も、いずれにしても、なるべく紫外線を浴びずに日焼け防止策を取るのはとても大事です。

 

紫外線による肌ダメージはとても大きいです。なかなかケアをしても、元に戻るまでには相当の時間がかかりますので気をつけましょう。

サロン通い中に引越しするときの注意点

引っ越しの荷造り

 

脱毛の施術というのは、なかなか短期集中!というわけにもいかないものです。毛周期や効果の兼ね合いで、期間をあけながら何度も施術を行っていきます。

 

その為、脱毛期間中に就職や転職などでライフスタイルが変わってしまったり、引越をしてサロンが遠くなってしまったりすることもあります。

 

選べる選択肢は2つ

サロンに通うことができなくなってしまった時の選択肢というのは、「解約」か「店舗の移動」のどちらかしかありません。

 

脱毛の施術について、契約検討をする時についつい忘れがちな事項ですが、万が一の場合にどういった対応になるのかはしっかり確認をしておいた方が良いです。

 

今は絶対にない!と思っていても、結婚や転勤など将来的にどうなるのかは未知数ですね。特に全身の永久脱毛を目指している人の場合は、数年かかることも考えられますし、ある程度の期間のメンテナンスが含まれている契約の場合もあります。

 

脱毛の施術は費用的にも高額な商品であると言えるので、色々な可能性を検討した上で、納得して契約するようにしましょう。

 

解約の場合は、それぞれのサロンで返金についての計算方法が明示されていますので、それに則っての手続きとなります。だいたいの計算法のめやすとしては、支払い総額-施術を受けた回数分の定価料金-解約手数料となっています。

 

全国展開のサロンはこういう時に強い

大手脱毛サロンは、たくさんの店舗を持っています。特に全国展開しているサロンは各地主要駅などを中心にあります。

 

複数店舗を持っているサロンの特徴としては、店舗移動が可能なことです。予約の兼ね合いで複数の店舗に通うことができるサロンもありますし、申請手続きをすることによってサロンの移動ができる場合もあります。

 

既に社会人で転勤や長期出張などの可能性がある会社に在籍している場合には、全国展開しているサロンでの契約をおすすめします。

 

実際、数年単位で脱毛の施術に通うという人はとても多いです。また、会員限定特典などでのエステキャンペーンなどもたくさんありますので、サロンとの長期的なお付き合いをベースで契約する方が良いです。

 

ネットワーク化の強み

引越などライフスタイルが変わることがあったとしても、全国展開しているサロンであれば、会員情報をそのまま引き継げます。施術内容などのカルテも、今は電子カルテでの保管が多く、別の店舗での施術となっても詳細情報を施術者が確認できますので、心配事などもすぐに共有できます。

 

やはり、肌というのはデリケートなものですので、新規に契約するというのは根気がいりますよね。移転先で、同じようなサービスを受けたいと思っても、なかなか積み上げてきた信頼と細かなデータというのは、簡単に作ることはできません。

 

新しいサロンでの契約には、もちろん体験やテスト、カウンセリングなどから始まります。既にサービスを受けたことのある人にとっては、場合によっては途方もないストレスであることもありますよね。

 

そういった意味では、長くお付き合いをすると考えての全国展開しているサロンのメリットは大きいかもしれません。そのあたりも検討事項に含めて考えることをおすすめします。

妊娠中にサロンへ通う場合の注意点

妊婦さん

 

妊娠中に体毛が濃くなったと感じる女性は少なくありません。これにはホルモンのバランスが関わっています。妊娠するとホルモンの分泌が促されます。

 

特にMSHと呼ばれるホルモンが通常の十倍近く分泌されるようになります。このホルモンはメラニン色素を作り出すメラノサイトを刺激するホルモンです。

 

このホルモンの影響を受けてメラニン色素が沈着しやすい体質になり、体毛が濃くなるのです。対毛の濃さの変化には個人差があります。

 

気になるお腹の産毛

しかし一般的には妊娠中期頃からそれが目立つようになります。特に多くの女性が気にするのが腹部に生えている産毛です。この産毛が急激に濃くなったと感じる女性が多く、急いで処理しなければと考える人もいます。

 

しかし考慮するべき点は体毛が濃くなるだけであって、決して数そのものが増えているわけではないということです。

 

また妊娠中に体毛が濃くなるのはホルモンのバランスが一時的に変化するからであり、出産後に体毛が再び目立たなくなるのが一般的です。そのため処理を焦る必要はないのです。

 

妊娠中はサロンに施術を断られるケースも

技術的には妊娠している女性に脱毛を施術することは可能です。

 

しかし赤ちゃんがお腹の中にいることもあり、妊婦さんになるべくストレスを与えないようにすることを心がけて脱毛サロンは妊娠中の女性の施術を行いません。

 

まず先にも取り上げたように妊娠している女性の体毛が濃くなるのは一時的です。そのため出産後は元通りになるのが一般的です。

 

そうしたことを脱毛の専門家は理解しているために、脱毛を希望する妊婦さんに急いで脱毛する必要がないことを説明してくれます。

 

また脱毛には多少なりとも痛みが供ないます。フラッシュ脱毛などは痛みが少ないことで知られていますが、それでもチクッとした痛みが施術中に生じます。

 

脱毛中の痛みは肌の状態と大きく関わっています。肌荒れが生じていたり、敏感肌であるなら痛みは強くなります。妊娠中の女性のホルモンバランスは絶えず変化します。

 

そしてこのホルモンバランスの崩れが敏感肌を生じさせることがあります。当然のことながらこのような状態で脱毛を行うなら強い痛みを感じることになり、この痛みはストレスを生じさせます。

 

このような流れは妊婦さん、そしてお腹にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼしかねないために、脱毛エステは妊娠中の女性の施術を断るのが一般的です。

 

また施術中はじっとしていなければならなかったり、体調が普段とは異なる状況でフラッシュ脱毛時に放たれる光を見ることなどが疲れを生じさせることもあります。こうした状況はストレスとなるので、妊婦さんにとっては決してよいとはいえません。

 

もし妊娠中の体毛が気になるなら、電気シェイバーなどで処理することがお勧めです。先にも述べたように妊娠中の女性の肌は敏感になっていることがあります。

 

そのような肌に剃刀を当てることで肌荒れを起こしてしまうことがあります。それでもし可能なら電気シェイバーを使用することがお勧めです。

 

妊娠中にストレスを抱えずに生活するためには、濃い体毛は一時的であるという事実を自分に言い聞かせることです。出産を終えれば体毛は薄くなりますので、決して心配する必要はないのです。