埋もれ毛を作らないための施策と放置が吉?

埋もれ毛とは、正式には「埋没毛」(まいぼつもう)と言います。自己流の脱毛をしている方なら誰でも一度は経験があるのではないでしょうか。脱毛をする際にどうしても避けて通れないのが肌へのダメージなのですが、この時傷ついた皮膚にはかさぶたが出来ます。

そのかさぶたが塞がって、表皮の中に毛が閉じ込められてしまった状態を指します。短い毛が肌の表面に張り付いたような見た目はとても良いものとはいえませんよね。

一度出来るととても厄介で、取りにくいことこの上ありません。しかしそのままにしていると目立ってしまいますし、人目に晒す部分ならなおさら何とかしたいですよね。

こうならないためにも、自己流の脱毛はしないのが一番なのです。カミソリや毛抜きでの処理は肌へのダメージもかなりのもので、夏場になるとそんなことを繰り返すわけですからお肌の方もたまったものではありません。

埋もれ毛とおさらばしたいのなら、永久脱毛なども検討してみるのも良いかもしれません。

埋もれ毛が出来てしまった場合、どうするのが正解なのでしょうか。目立つから取ってしまいたい気持ちはわかりますが、自分で処理をすると確実に傷をつけてしまうことになりお肌へのダメージが心配です。

基本はやはり放置することです。自然に出てくるのを待てるようでしたらその方が肌へのダメージもなく安全だからです。が、場合によっては埋もれ毛の周囲が赤くなることもあります。

その時は処理しないともっと大変なことになるかもしれません。跡が残ってしまうかもしれないので、しっかり慎重に処理をしたいものです。

最も良いのはやはり皮膚科に行くことです。素人が適当に処理をするのはとても危険です。赤く腫れてしまった場合は皮膚科に相談してみると綺麗に治る確率もアップしますよ。

どうしても見た目的に許せない場合は、きれいなタオルでしっかりとお肌を蒸らして柔らかくしてから処理しましょう。殺菌した綺麗なピンセットを使用して下さい。

この時はお風呂ではないほうが良いです。お風呂というのは意外と雑菌が多く、傷ができた場合そこから侵入してしまう事があるのです。そして処理をした後もしっかり保湿をして下さい。

しかし、基本は埋もれ毛を作らないのが一番です。

基本は6回?脱毛サロンの手応えを感じる回数は・・・

脱毛サロンは1回だけ通っても脱毛が完了することは無く、基本的に何度か通わないと綺麗になりません。説明の際もこれだけ回数をこなさないと脱毛サロンで綺麗になりませんという話をされることがあるので、その話を聞いておかなければなりません。

回数を知らないまま利用すると、高額な料金の支払いに気付かないままとなります。基本的に4回から6回の脱毛を行えば綺麗になります。確実にすべて除去できるわけではありませんが、かなり薄くなるので目立たない状態を作り出すことができます。

綺麗にすることを考えているのであれば、最低でも4回、多い場合は8回くらいまでを目安に考えていくこととなります。ただ部位によってはかなり多くなることもあります。

綺麗にするには1回だけでは絶対に無理な話であり、最低でも4回くらいはしっかり行うこととなります。サロンによっては更に回数が増えることもあるため、難解で脱毛が終わるのかを知っておくことも大切です。

脱毛サロンはフラッシュ脱毛を行っている所なので、薄くするための機能がそこまで高くなっていないことが多いです。しかし更に回数を減らしたいと考えているのであれば、レーザー脱毛を利用することとなります。

レーザーならその部分を一気に綺麗にできるだけでなく、その部分から毛が生えてこないので回数を減らせるようになります。

回数を減らせるのは大きなメリットではありますが、その分痛みに耐えることとなります。かなり痛い場合もあるので、痛みが強い場合はその旨を伝えてから脱毛を続けていくこととなります。

フラッシュ脱毛に比べれば半分くらいで収まる可能性もあるので、本当に小さな部分だけの脱毛をしたいなら1回くらいで終わることもあります。

とにかく早く綺麗にしたいと思っているなら、レーザー脱毛を利用することとなります。医療用レーザーは強力な出力を持っていますし、1度照射すればその部分から生えることが無くなり、すぐに処理が終わります。