世界の人々は脱毛にどう向き合っている?

グローバルイメージ

 

たとえ人種は異なっても、美に対する価値観や意識の違いがあっても、多かれ少なかれムダ毛の悩みは万国共通ともいえます。

 

では、日本以外での脱毛に対する考え方や実情はどうなっているのでしょうか。

 

脱毛大国アメリカをはじめ、ヨーロッパや日本以外のアジアでの脱毛文化について調べてみました。

 

アメリカの場合は・・・

日本の脱毛の主流は特殊なレーザーを用いたものです。痛みや肌にかかる負担が少ないことから多くの人から高い人気を得ています。

 

しかし脱毛に関して世界中が日本と同じ動きを見せているわけではありません。アメリカではレーザー脱毛の施術費が他の施術費に比べると高いために、ニードルを毛穴に差し込んで電流を流し、毛根を死滅させる電気脱毛を好む人が大勢います。

 

デリケートゾーンをツルツルに

またアメリカでヒットしたドラマの中で、下半身のデリケートゾーンを無毛にするハイジニーナ脱毛というものが行われ、これを機にこの脱毛が一大ブームになりました。

 

日本でも最近流行の兆しを見せていますが、やはりある種の偏見があったり、銭湯などで恥ずかしい思いをしたりと、広く浸透するにはまだ時間がかかりそうです。

 

ハイジニーナ脱毛の主流はワックスによる脱毛です。確かにメディアの影響はあるものの、この脱毛法は一部のアメリカ人に適しているといえます。

 

白人の腕や足に生えるムダ毛は非常に細く、中には産毛のようなものもあります。そのようなムダ毛をワックスによって一気に抜いても痛みはそれほど大きなものではありません。

 

こうした事情も相まって、ワックスによる脱毛法が一般的に行われています。

 

ヨーロッパの場合は・・・

ヨーロッパの脱毛事情は国によってさまざまです。もちろん有名ファッションブランドがひしめき合うヨーロッパですから、美に関する意識の高い人は大勢います。

 

その一方でムダ毛に対して自由な雰囲気が漂う地域もあり、処理せずに街を歩く女性もたくさんいる程です。こうした風潮が影響し、脱毛は手軽に行えるのが一番であるという考え方をする人が大勢います。

 

そのためアメリカ同様、ワックスによる脱毛が非常にポピュラーです。ムダ毛処理の煩わしさから開放されるために永久脱毛するというのではなく、生えてきたら処理するという考え方が広まっています。

 

その一方で美意識が高く、脱毛をきちんと行う女性を多く見かける国があります。それはイギリスです。しかしこの国でも多くの人はワックスによる脱毛を好み、手軽さや低コストが重要視されています。

 

アジアの場合は・・・

意外なことかもしれませんが、アジア人の多くはムダ毛の処理に大きな関心を示します。黄色人種は黒々とムダ毛げ目立ってしまうというのもあると思いますが。

 

日本をはじめ韓国やタイなどは美に対する意識が非常に高い国です。またアジアには肌が褐色である人も大勢いますが、そのような人のムダ毛は非常に濃いことがあります。

 

褐色の肌に生えるムダ毛は目立たないために気にしないのかと思いきや、そのようなムダ毛を処理することに努める人が大勢いるのです。

 

脱毛に対する韓国人の意識は日本人の意識と似ています。

 

永久脱毛によってムダ毛処理にかける手間を省くことに重きを置いたり、痛みや肌への負担が少ないレーザー脱毛を行う人が大勢います。また施術費が日本に比べると安いこともあり、韓国で脱毛する旅行客もいます。

 

また脱毛の施設が大きな都市にしかないようなアジアの国ではワックスによる脱毛が主流となっています。脱毛後に再生されて生えてくるムダ毛は細く、弱弱しいものです。

 

そのためワックス脱毛でも定期的に行うことで痛みをそれほど感じずにムダ毛を処理できます。こうした事情がワックス脱毛をアジアに広めています。

 

手軽で確実なワックスは人気

このように世界の脱毛事情はさまざまですが、ワックスでムダ毛を一気に抜き取るという方法は昔から今に至るまでどの地域でも行われています。

 

脱毛において手軽さや低コストは大きなポイントであることがうかがい知れますね。