こういう薬を飲んでいると施術を断られる場合あり

腕で×をするナース

 

光を肌に当てるだけで物理的に接触のないフラッシュ脱毛やレーザー脱毛ですが、じつは意外なケースで施術できない場合があります。

 

そのひとつが「薬」。ある種の薬を日常的に服用していると、その影響でサロンでは施術を断られることがあります。

 

どちらもさほど特別な薬剤ではないので、何かのきっかけに服用している方も多いと思います。せっかく確保した予約をムダにしないよう、しっかりと知識をつけておきましょう。

 

目次マーキング用画像

 

抗生物質・抗真菌薬・解熱鎮痛薬

医薬品

 

脱毛施術のカウンセリングの際、服用している薬の有無については、必ず聞かれます。

 

特に注意をしたい薬が、抗生物質や抗真菌薬、解熱鎮痛薬です。どれも珍しい薬ではないですよね。抗生物質なんてちょっと風邪気味で病院にいったらお約束のように処方されますし。

 

これらの薬の副作用として、光に対して敏感になる(光線過敏症)があります。日光等でも症状が出る場合があるので、レーザーなどの光脱毛については、さらにリスクが上がります。

 

光線過敏症とは、光線に対して肌が過敏になっている状態で、赤くなったり、痒くなったり、いわゆる皮膚炎を引き起こします。そんな状態の肌にフラッシュやレーザーなど高エネルギーの光を浴びせたらどうなるか?まさに傷口に塩を塗る行ためですね。

 

他にも、薬の副作用と脱毛の相性が良くない場合も多数あります。一概に素人判断はできませんので、処方薬などがある場合については、必ず医師に確認をした方がよいです。

 

一時的に市販の薬を服用している場合などについても、可能であれば購入している薬局の薬剤師などに相談してみた方がよいです。市販の薬では、メーカーがお客様センターなどの案内をしている場合が多いので、そちらで確認してみるのもよいかもしれません。

 

継続的に服薬をしている場合などについては、脱毛を検討中であると相談した上での施術カウンセリングを受ける方がよいです。

 

特にエステでの脱毛については、施術者は医師ではありません。トラブルを未然に防ぐためにも、しっかりとカウンセリングを受け、服薬等についてはしっかり確認を行ってください。

目次マーキング用画像

ピルなど女性ホルモン系の薬

ピル

 

女性の生理期間中には、ホルモンバランスが崩れるという理由から、脱毛施術ができません。

 

ホルモンバランスが崩れている時期は、精神的にも身体的にも不安定な時期であると言えます。そのため、どうしても肌トラブルが起きやすい過敏な状態になってしまっているのです。

 

そういった理由から、女性ホルモン系の薬を服用している場合にも、施術が難しいことがあります。代表的な薬として、ピルがあります。ピルを服薬している女性も多いと思いますので、そのあたりは主治医とよく相談してみてください。

 

いわゆる低用量ピルであれば、さして影響はないとは言われていますが、服薬中の薬がある場合は確認しましょう。

 

女性ホルモン系の薬には、脱毛効果を抑制する働きをする薬もあります。服薬自体に問題はなくとも、脱毛効果に影響を及ぼす可能性も気になる部分です。

 

薬に含まれる成分や効果によりますので、いずれにしても主治医に相談し、その回答次第での検討をした方がよいかもしれません。

 

せっかく費用をかけて脱毛をしようと検討するのですから、そこはしっかりと効果の得られる状態で施術を受ける方がよいはずです。施術相談のカウンセリングで、さまざまなチェックポイントなどがありますので、特に服薬に関しては、記載漏れが無いようにしましょう。

 

エステ脱毛の施術者は医師や薬剤師ではありませんので、薬についての専門知識は不足しているかもしれません。大事なことは、自分の身は自分で守れるようにすることです。

 

確認やチェックは必須事項ですね。服薬について正しく申告することと、主治医のいる場合には主治医への事前相談をしておいた方がよいです。

脱毛注目のキャンペーン

銀座カラー

月6,800円で通い放題!

月額6,800円で完全に何度でも通い放題になる銀座カラー。全身だけでなく部位でもすべて通い放題を選べます。

→公式サイトはこちら

ラ・ヴォーグ

10ヶ月まで0円!

全身脱毛が月1,648円で通えるラ・ヴォーグは、最初の10ヶ月間が0円に!格安でじっくり全身脱毛ができます。

→公式サイトはこちら

キレイモ

500名のモデルが通う!

板野友美さんをはじめたくさんのモデルやタレントが通うキレイモ。抽選でハワイ旅行が当たるチャンスも。

→公式サイトはこちら