シェービングは脱毛施術前に必須

足の毛にビビる女性

 

脱毛のことをあまり知らない方ですと、施術の前にシェービングで処理しておくという行ために違和感を感じるかもしれません。

 

え、脱毛してもらうのになんでわざわざ自分で剃る必要が?と。

 

ですが、サロンやクリニックで光(レーザー)脱毛をするなら、その部分の毛のよぶんな部分を処理しておくことは必須です。これは安全面からの理由ですね。

 

シェービングを忘れると施術を断られる

施術日までにシェービングは必須です。脱毛というのは、メラニン色素に光やレーザーを照射し、毛根にダメージを与える施術です。メラニン色素とは、つまり毛の色です。”毛穴の中に毛根が見えている状態” でしか効果的な施術は行えません。

 

剃り残しがあると、肌の表面に出ている毛に反応してしまうのです。光やレーザーは熱を持っていますので、剃り残した毛に照射されると、肌に痛みを感じたり、火傷を負ってしまったり、傷がついてしまう可能性があります。

 

また、シェービング時に肌を傷つけてしまうなどした場合、その部位周辺というのは、光やレーザーを充てることができませんので、注意しましょう。

 

剃り残しのある場合に、施術不可となってしまうサロンが多いので、脱毛の施術をしてもらう部位については、しっかりとシェービングしていくことが大事です。

 

全身脱毛の際、自分でシェービングのしづらい部位(背中や肩など)については、各サロンで対応が異なりますので聞いてみましょう。

 

シェービングはいつするのが理想?

シェービングは、施術前日までには終えているのがよいです。シェービング自体には、多少なりとも肌にストレスなどを与えます。施術当日に慌ててシェービングをすると、やはり肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

肌が荒れてしまっているなどの肌トラブルのある場合は、その部位についての施術は不可になる場合が多いです。

 

おすすめは施術前の3日間

あまり前にしすぎると毛が生えてきますので、3日前に普通にシェービング、2日前と前日には剃り残しをチェックしながらのシェービングをするとよいでしょう。

 

3日前に全体的にシェービングをすることによって、肌荒れが起きていないかのチェックもできます。そして毎日しっかりと保湿クリームやローションを塗って、保湿ケアをすることが大事です。

 

慌てずに少し時間をかけてシェービングをするイメージの方が、剃り残しがなく、肌荒れ等も防ぎながらできるはずです。また、お風呂上がりにシェービングをすると、毛が柔らかくなっているので、しっかりシェービングできます。

 

シェービングは電気シェーバーがおすすめ

電気シェーバーは、まずは何といっても手軽で簡単です。さらに、肌に直接刃があたらないので、肌を傷つける危険性がなく、安全面でも優れていると言えます。

 

一定の深さで剃ってくれるので、深く剃りしすぎる心配もありません。深剃りし過ぎると、どうしても傷つけてしまったり、痛くなってしまったりしますので、気をつけましょう。特に肌の弱い人は、シェーバー後にクリームやローションを塗っておくとよいです。

 

電気シェーバーには、いろいろなタイプが市販されています。1台でほとんどの部位をカバーできるタイプもあれば、それぞれ部位ごとのタイプもあります。

 

おすすめとしては、全身用と顔・デリケートゾーン用の二種類で分けられる方が効率がよいかもしれません。顔やデリケートゾーンは、どうしても細かい部分が多いのでコンパクトな電気シェーバーの方が使いやすいですね。アタッチメントを変えればOKというタイプもあります。

 

脱毛サロンに通い始めると、1度ですべての箇所の脱毛は終わりません。施術前にシェービングは必須になりますので、使いやすい電気シェーバーを持っているとよいでしょう。

脱毛注目のキャンペーン

銀座カラー

月6,800円で通い放題!

月額6,800円で完全に何度でも通い放題になる銀座カラー。全身だけでなく部位でもすべて通い放題を選べます。

→公式サイトはこちら

ラ・ヴォーグ

10ヶ月まで0円!

全身脱毛が月1,648円で通えるラ・ヴォーグは、最初の10ヶ月間が0円に!格安でじっくり全身脱毛ができます。

→公式サイトはこちら

キレイモ

500名のモデルが通う!

板野友美さんをはじめたくさんのモデルやタレントが通うキレイモ。抽選でハワイ旅行が当たるチャンスも。

→公式サイトはこちら