SSCとIPL脱毛の異なる部分は

プラカードを持つ女性

 

脱毛システムの大カテゴリが「光脱毛」「レーザー脱毛」「電気脱毛」だとすれば、それぞれのカテゴリについてさらに詳細に区別することができます。

 

たとえばフラッシュ脱毛でいえば、大きなくくりでいえば一つですが、その仕組みによって細分化でき、代表的なものが「SSC」「IPL」です。

 

サロンによって使っている脱毛器がちがうので、ご自分のやりたい脱毛器があるサロンを正しく知っておくことが重要ですね。

 

SSC脱毛とは

SSC脱毛とは「スムース・スキン・コントロール脱毛」の略称です。

 

美肌成分の含まれているジェルをたっぷり塗って、光を照射する施術法になります。脱毛施術の中では、肌に優しく痛みが少ないと評判が高くなっています。

 

痛みの度合いは個々にもよりますが、ほとんど痛みを感じなかったという声は、SSC脱毛の施術を受けている人に多いはずです。

 

SSC脱毛で使用されるジェルには、毛の成長を抑制する成分が入っています。そして、そのジェルに反応をする光を使用し、ジェルの成分を毛穴の奥にまで浸透させます。光と抑毛ジェルを用いての“制毛”との表現もされます。

 

SSC脱毛の施術を複数回繰り返すことによって、毛が生えにくくなり脱毛効果を得ることができます。

 

使用されるジェルには、肌によい成分がたくさん含まれています。黒ずみをなくす効果もあると言われ、脱毛効果と同時に以前より肌が綺麗になった!という声が多くなっています。

 

しっかりと皮下へ成分を浸透させてくれますので、ぷるぷるでもちもちの肌になれるようで、美肌脱毛とも言われ、人気があります。

 

また、肌へのダメージがとても少ない施術法になるため、肌トラブルが少ないことでも人気があります。火傷の心配もほとんどありません。

 

主な採用サロン

SSC脱毛を採用している主なサロンには、脱毛ラボ、ミュゼプラチナムがあります。どちらのサロンも痛みがなくて綺麗になった!との評判が高くなっています。ミュゼの方が若干予約は取りにくいようですが、ミュゼも脱毛ラボも施術法は同じですので通いやすそうな方を選ぶとよいですね。

 

IPL脱毛とは

IPL脱毛とは「インテンスパルスライト脱毛」の略称です。

 

メラニン色素に反応する光の特徴を利用し、毛根部分の毛を発熱させて、たんぱく質の熱変化という原理によって脱毛を促す施術法です。

 

光を吸収しやすいように、ジェルを塗ります。このジェルに、美肌成分などを含ませていますので、美肌効果も得られます。

 

IPL脱毛の場合は、毛根への働きかけをするため、剛毛や産毛にも効果を発揮してくれます。

 

IPLの光というものは混合光線になります。そもそも、エステ店などではシミやソバカス、赤ら顔、ニキビなどの緩和に対するフォトフェイシャルで利用していたものです。

 

肌のコラーゲンの生成を活性化させる効果があるのです。そのため、このIPLの光を利用したIPL脱毛では、脱毛以外の効果も抜群に高くなります。

 

IPL脱毛については、医療クリニックで施術されるレーザー脱毛に比較すると光の出力は弱いので、時間や回数は必要となります。

 

しかし、IPLの光は美容効果が高くなっているので、ジェルと光の相乗効果で脱毛プラスαと考えてみると、よいですね。

 

主な採用サロン

IPL脱毛を採用している主なサロンには、銀座カラー、エターナルラビリンスがあります。シースリーのルネサンス脱毛も仕組みはIPL脱毛とほぼ同じです。気になる痛みですが、めやすでは、個人差はありますが輪ゴムをはじく程度になります。

 

実際のところは、どこのサロンでも、思っていたほどの痛みはなかった、感じるほどの痛みはなかったという声が多数です。そして、美肌効果がある!との評判はやはり高いです。

あのジェルが苦手・・・という方は多い

ジェル

 

SSCもIPLも上で述べたように脱毛の仕組みは若干ことなりますが、どちらも「ジェルを塗る」という共通点があります。

 

じつはこのジェルが冷たくて苦手、という方は多いです。特に年中手足が冷えるという冷え性の方にとっては、かなり不快なものになってしまいます。

 

せっかく痛みは少なくて施術しやすくても、ベタベタと冷たいジェルを塗られるのは・・・という場合、上記の脱毛サロンは選ばないほうがいいですね。

 

じゃあ光脱毛はできないの、というとそんなことはありません。実はジェルを使わないフラッシュ脱毛器があります。

 

脱毛サロンで言えばキレイモやジェイエステティックがそうですが、ジェルを使わない代わりに脱毛器そのものに冷却装置がついているものがあります。

 

これなら、照射する時だけ冷却装置が働くので、ジェルのようにつけてからずっと冷える感覚を味わうことがありません。

 

もちろんベタベタした不快感もなし。ジェルを使わない分余計なコストが抑えられることも、上記のサロンが比較的料金が安い理由なのかもしれません。

 

冷却ジェルを使わないのは、冬場にサロン通いする場合もメリット大。寒い屋外から暖房の効いたサロンに入って冷たいジェルを塗られて、また終わったら寒い屋外、と考えるだけで感覚がヘンになりそうです。

 

ちなみにどちらのサロンも、施術後にはしっかり保湿ケアはしてくれるので安心です。

脱毛注目のキャンペーン

銀座カラー

月6,800円で通い放題!

月額6,800円で完全に何度でも通い放題になる銀座カラー。全身だけでなく部位でもすべて通い放題を選べます。

→公式サイトはこちら

ラ・ヴォーグ

10ヶ月まで0円!

全身脱毛が月1,648円で通えるラ・ヴォーグは、最初の10ヶ月間が0円に!格安でじっくり全身脱毛ができます。

→公式サイトはこちら

キレイモ

500名のモデルが通う!

板野友美さんをはじめたくさんのモデルやタレントが通うキレイモ。抽選でハワイ旅行が当たるチャンスも。

→公式サイトはこちら