うなじは健康に役立つツボがあります

ツボ押しを受ける女性

 

ツボ「風池(ふうち)」の効果

うなじには、命や健康に関わる神経がたくさん通っています。ツボは症状緩和や回復の効果を向上してくれるとされ、注目されています。ちょっとした時間の隙に押して刺激してあげることができますので、覚えておくとよいです。

 

「風池(ふうち)」というツボは、自律神経失調症を改善し、脳の活性化を促すツボです。また血行を促してくれる大事なツボでもあります。頭痛や肩こり、首のこり、視力回復や目の病気によいとされています。脳への刺激を促してくれるので、眠気覚ましにもよいとされています。

 

肩や首が凝っているという症状は、血行状態が良くないということでもありますので、できるだけ凝りをほぐし、風池などのツボを刺激して血行を良くしてあげましょう。

 

風池を押すコツ

ツボの位置は、首筋の外側、耳の後ろより少し下にうなじの窪みがあります。後頭部の首の付け根中央から、指2本分くらい左右にいったあたり、という追い方でも見つけられます。左右にあるツボですので、同時に刺激してあげると効果はより高くなります。親指や中指で、気持ちいいなぁと思う程度の強さで押すとよいです。

 

首というのは、頭と胴体を繋ぐ唯一の器官です。首側には喉などの器官があるため、どうしても神経や血管というのは、うなじに沿って存在しています。風池のツボの付近の血行が悪くなると、血液が脳に送られにくくなるので脳の働きも鈍ってきます。

 

そのため、疲れたなぁと思う時には、やはり血行も鈍くなっていることが多いので、ひと息つく時には、風池のツボを少し押してあげると、回復効果も高まります。

 

ツボ「天柱(てんちゅう)」の効果

代表的なツボである「天柱(てんちゅう)」もうなじにあります。何しろ、うなじには脳へ繋がる大事な血管や神経が集中していますので、健康維持にはとても大事な場所になります。

 

自律神経失調症というのは、疲れやストレスから発症しやすい病気ですが、それには血行の善し悪しというのも深く関連してきます。

 

脳への血行があまり良くないと、まずは自律神経の不具合が発生してくるのです。その後、さまざまな大きな脳の病気へも繋がってきますので、早期対処しておくことはとても大事です。生活改善なども大切ですが、ツボ押しでの血行を促すことは、即効的で直接的な方法でもあります。

 

「天柱」のツボを刺激することには、血行を促す効果があります。自律神経失調症の症状緩和にもなりますし、頭痛や肩こり、首のこりなどの血行不良を改善することにもなります。

 

また、目の疲れというのも、後頭部・うなじあたりに出てきますので、眼精疲労の回復にもよいとされています。

 

さらに、肝機能向上を促してくれる場所なので、水分やアルコールのの摂りすぎによるや顔のむくみ改善にもよいです。万能ツボとも呼ばれる場所ですので、適時刺激をしてあげると効果的です。「天柱」の場所ですが、「風池」のツボから指1本分内側の少し下になります。

 

天柱を押すコツ

首の後ろ側、中央の窪みにある太い筋肉の上端に左右の窪みがあり、その外側に該当します。両手で左右のアゴから頭を抱え込むようにして、親指で左右の「天柱」部分を指圧するような感じにすると押しやすいです。

 

マッサージするように何度か押してみると気持ちよいので分かりやすいはずです。

 

当サイトのメインテーマはうなじの脱毛です。うなじのムダ毛に悩む方のために、有利な条件のサロンやムダ毛処理知識などをいろいろとご紹介しています。